カードローンは無担保で借りられることがメリットの一つですが、何も確認しないというわけではなくキャッシングを申請する際には、審査をクリアする必要があります。利用希望者の返済能力が十分備わっているかどうかは、お金を貸す側にとっては信用問題であり重要な確認事項です。この審査の中で職業や職業や年収、その他多くの個人情報を聞かれます。そこでの個人情報はその人を表す「属性」という呼び方をされ、属性が審査の材料になります。特に重要視されるものは収入を証明することと勤務先への在籍確認です。例えば安定した収入があり、勤続年数も長いとなれば信用を得るのは難しいことではなく、審査をすんなり通ることができます。一方で審査に落ちてしまうのは、収入が不安定だったり勤続年数が短かかったりというパターンが多いです。また多くのカード会社は勤務先への在籍確認をするため、職を転々としている方には答えられない部分が出てくるでしょう。しかし、そういう不利な属性を持っている場合でも諦める必要はありません。カードローンの審査基準は会社によって違います。会社によって在籍確認をしなかったり、フリーターや失業中の方でも審査をクリアできたり、カード会社の審査基準は案外間口は広いのです。つまり、審査への対策とは「今、どこのカード会社の審査ならクリアできるか」を知ることです。それを知っていれば審査を通ることは難しくありません。